検索
  • CHISATO MITSUI

絵本で見るレシピ

私は真面目に本を読むタイプではないの

ですが、たまに料理をテーマにした絵本を

みるとついつい買ってしまいます。


娘に興味を持って欲しいな、という

淡い期待と絵の可愛いさに惹かれます。


食育をテーマにしたワークショップを

行ったり、子ども料理教室をするに

あたって、子どもの目線で描かれている

絵本は良い教科書のようでした。


お気に入りの本を紹介します。


どれも絵が素敵で思わず見入ってしまいます!


特に、スローフードの母といわれている

アリス・ウォータース。彼女のレストラン

「シェ・パニース」の舞台裏を娘さんの

目線で描いたこの本はとても気に

入っています。こんな風に描かれていたら

子どもたちもきっと食べ物について

興味をもつだろうなぁ☺️なんて思います。


娘はあまり喰いついてくれませんでしたが…(笑)😂


今の様にSDGS という言葉さえも

聞くことが無かった時から、この方の

お話は師匠の愛子先生からずっと

伺っていました。自分には真似のできない 

ことではありますが、愛子先生のおっしゃる

「食卓のフィロソフィー」の中に


「食卓に並ぶ食材は、世界の歴史と文化の

展示場」という言葉があります。

テーブルスタイリングでのマナーや

セッティングルールも文化そのものだと

思います。


きっと知れば新しい世界が広がりますよ

☺️☺️

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示